年賀状のメッセージ

ご無沙汰している人へのあいさつは、
まず 相手の様子を尋ねるのがポイント 。

その後に我が家の出来事や今年の目標、
子供の成長などを簡単に添えるのが良いでしょう。

ご無沙汰だからこそ
出来るだけ明るい話題を具体的に伝えてくださいね。

?

書き出しは、

「すっかりご無沙汰しております」
「平素の疎遠をお詫び申し上げます」
「お変わりありませんか」
「いかがお過ごしでしょうか」
「○○ちゃんはいくつににありましたか?」
「○○くんもさぞ大きくなられたことでしょうね」

という感じで。

?

その後に我が家の出来事や子供のことなど
を書いてくださいね。

「早いもので、○○は今年から小学生です」
「相変わらず毎日バタバタと過ごしております」
「私たちは少しずつですが、新しい環境にも慣れてきました」
「私たちは変わらず、元気に過ごしています」

?

そして最後に、

「遠く離れており、なかなかお会いする機会がございませんが、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。」
「皆様にとって良き年となりますようにお祈りしております」
「ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます」
「先生の変わらぬご活躍、心よりお祈りいたします。」

締めくくりはこんな感じでいいでしょう。

?

親戚とは特に冠婚葬祭などで顔を合わす機会もあり
長い付き合いになりますので
丁寧なメッセージを心がけてくださいね。
年賀状の一言コメントなしじゃだめ?

プリントした年賀状のデザインに一言
「今年もよろしくお願いします」
とのっているし、

わざわざ手書きで添える必要あるのかしら。。。

と思うかもしれませんが、

実はある雑誌のアンケートで
年賀状の不快に思うランキングに
手書きコメントなしが第一位に!

枚数が多いと一枚一枚手書きは
なかなか大変ですよね。。。

「お元気ですか?」
「ご無沙汰しています」

など、たとえ一言でもいいので
手書きの一文を添えるだけで
喜ばれる年賀状になりますよ。参考:加圧インナーのメンズ用の効果について

カテゴリー: 未分類 パーマリンク