花火大会の場所取り法

昨年度は12,000発もの花火が
夜空を彩り約70万人もの人が訪れます。

打ち上げ場所が最も近い豊洲エリアなら
間近に打ち上げ花火の迫力を体感できるので
絶好のおすすめポイントですゾ。

そこで豊洲エリアの穴場の
攻略ポイントをご紹介しますね。

【豊洲公園】

豊洲公園は豊洲駅から近いので
穴場ではありませんが、
混雑は必須のポイントです。

おそらく多くの来場者が訪れるので
席の確保は早めに行うことが大事です。

ただし8日以前に場所取りをしても、
撤去されるので当日に行いましょう。

【晴海個人共産会場】(晴海運動場)
晴海個人共産会場は正面から会場花火を
楽しむことができる人気の有料席です。

有料席のチケットは事前に購入することが必要ですね。
連絡先は⇒東京湾大華火祭実行委員会事務局
(東京都中央区築地一丁目1番1号)
電話 03-3248-1561(テープ案内)

【豊洲第一会場】
豊洲第一解会場は便利場所にあり、
スペースは結構開けています。

有料の席で公式の席のなかでも
一番駅に近い場所にあるので人気が高いですね。

豊洲第一会場の場所は、
豊洲公園の隣にありますよ^^
(上記豊洲公園の地図)

全席椅子席になりますが、
当日昼間までに行かないと
席が埋まってしまいます。

豊洲は人気スポットなので、
混雑は必須ですね。

一度場所を確保したら、
トイレは近いところにあるのか
チェックをしたほうがいいです。

またその場所を離れて元の場所に
戻るときにすぐ見つかるように
目印をしておくと後で探さなくて済みますね。

東京湾大華火祭は今年で第27回を
迎えるのですが、今年が最後だと
言われています。

オリンピックにむけて会場の整備を
行うためだとも言われています。

今年もどの玉よりも大きな
尺五寸玉が東京タワーよりも高く
打ち上げられますね!

また打ち上げ会場が東京湾なので、
いろいろな場所から打ち上げ花火を
堪能することができますよ。

そういえば、先日4日に行われた神奈川新聞
花火大会では交通機関に遅れがでて、
帰宅するのが大変だったようですね。

しかも京浜東北線の架線事故も重なって、
線路を歩くことになった乗客もいたそうですね。

こんなまさかの非常時に備えて、
せめて歩きやすい靴を履くことが
大事ですね。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>ホワイトニング歯磨き粉の通販ランキング

カテゴリー: 未分類 パーマリンク