10月10日

「目にやさしい生活」していますか?
と、言われても「目にやさしい」とは?と思われる方が
多いと思います。
目は起きている時、常に働いています。
この働き者の目が「疲れないように」「悪くならないように」
気を付けて生活する。
と、いうことです。

目にやさしい環境

見やすく、目が疲れにくくする。

光・照明
・照明器具の光が直接、目に入らないようにしましょう。
・ノートや本に直射日光が当たらないようします。
・画面や手元だけでなく、部屋全体を明るくしましょう。

緑色は脳もリラックスできる色です。
強い色同士の組み合わせは、見づらく目が疲れてしまします。
目にやさしい食べ物

粘膜や血管を丈夫にし、目の働きを助けます。

目を守る
・ビタミンA=粘膜を保護します。
 ◎うなぎ
 ◎チーズ
 ◎緑黄色野菜

・ビタミンC=毛細血管を丈夫にします。
 ◎果物
 ◎ブロッコリー

目を助ける

・ビタミンB群
 ●B2=目の細胞の再生を促します。
  ◎豚肉
  ◎サバ
  ◎玄米
  ◎大豆

 ●B1,B2=視神経の働きを助けます。
  ◎卵
  ◎納豆
  ◎のり

・アントシアニン
 ●網膜の働きを助けます。
  ◎ブルーベリー
  ◎なす(皮)
  ◎黒ゴマ
目にやさしい生活

疲れにくく、疲れを回復しやすくします。

目が疲れにくい=距離、姿勢
・本やノート、携帯やゲームの画面は約30cm離す。
・テレビ画面は2m以上離れて見ましょう。

※目が泣いています…
・顔を傾けて字を書く。
・長い時間、画面を見続ける。
・寝そべってテレビを見る。

目の疲れを回復させる=睡眠
毎日、目と脳を使って「見て」いるので、眼と脳を休ませるには
たっぷりの睡眠が必要です。
最後に

10月10日は目の愛護デーなので
この日をキッカケに、自分の目をいたわってあげませんか?続きはこちら>>>>>女の子を産み分けるゼリーの値段について

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です